進化する紫外線対策

紫外線対策は常に進化していて、近年はケミカルのものからノンケミカルのものへの注目度が変わってきています。日焼け止めを利用するなら、ノンケミカルの紫外線散乱剤が含まれるものを使ってみると良いです。ここではそれらについて解説します。

日焼け止めには色々な種類があり、大きく分けるとケミカルとノンケミカルがあります。紫外線吸収剤が含まれるものはケミカルに分類されるものが多く、紫外線散乱剤が含まれるものはノンケミカルに分類されることが多いです。
どちらが身体に良いのかというのは一概には言えませんが、身体のことを考えるとやはりケミカルよりもノンケミカルの方が良いと言えるでしょう。まずは、それらを基準に選んでみるというのも良いのではないでしょうか。

日焼け止めに含まれる紫外線散乱剤

日焼け止めには色々な成分が含まれていて、仕組みも若干違ってきます。例えば、紫外線吸収剤を含むものに関しては、紫外線を吸収しつつ身体に影響を与えないようにしています。しかし、逆に紫外線散乱剤は、紫外線を反射することによって身体に影響が出ないようにしているのです。
それぞれ特徴が違ってくるので、日焼け止めを選ぶ際には自分の肌にとって良いものを選んでいくことをおすすめします。今後はさらに進化する紫外線対策グッズが期待されているので、より自分に合ったものを見つけて使ってみてください。
より肌に優しく、身体にも優しいものが増えていくと思います。
https://regsum.jp/